「クイズプレイヤー」の日常
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「知るは楽しみなりと申しまして知識をたくさん持つことは
人生を楽しくしてくれるものでございます」
毎週この言葉で始まるクイズ番組がかつてありました。
NHKで放送された「クイズ面白ゼミナール」です。

放送当時小学生だった自分は毎週楽しみに見ていました。
以前も書きましたが、親が怪獣ものとかヒーローものの
番組をあまり見せてくれなかったため、自然とクイズ番組や
ドキュメンタリー番組などを多く見るようになっていました。
その中でもこの番組は特に好きな番組でした。
鈴木健二アナウンサーによる軽妙な司会、教科書クイズの科学実験、
コント仕立ての歴史クイズなどは後の番組にも影響を与えています。
クイズの本を買ったのもこの番組の本が初めてだったと思います。

今思うことは「知るは楽しみなり」という言葉がクイズの
楽しさを端的に表しているなということです。
またそれが「人生を楽しくしてくれる」
まさにその通りであるとしみじみ思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/02/04 23:24】 | クイズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。