「クイズプレイヤー」の日常
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年1月に賢押杯の開催が決まったようです。
私は昨年9月の賢押杯に参加し、非常に楽しめたので
次回も是非参加しようと思っていたところなんですが、
次のようなレギュレーションが発表されました。

「オフラインのサークルに10回以上参加している人は
今年1月以降、店舗大会に3回以上参加しないと賢押杯に出場出来ない」

このルールの是非については私は論じません。いろいろな意見はあると
思います。ただ言えるのは、私もオフライン例会には10回以上参加
していますから、今から店舗大会に3回出場しないと
賢押杯には出場出来ないということです。

私もオフラインのクイズゲームから始めた人間ですから、
オフラインプレイヤーの一員であることは間違いないと思っています。
ただ賢押杯主催者側の求める参加者像というものに、
じょじょにオンラインからオフラインへ移行しつつある私が
当てはまらなくなってきていることは事実でしょう。
賢押杯は本来オンラインプレイヤーにオフラインの楽しさを
知ってもらう場です。
ですから来年の賢押杯は、自分は参加者としてではなくスタッフとして
参加させてもらおうと考えています。そして自分のように
オンからオフへ移行するプレイヤーの手助けが出来ればと思っています。
(レギュレーションが変わればまたプレイヤーとして
 参加するかもしれませんが)


また今年の「新人王・早押王」に参加した時に感じたことなんですが、
私みたいな者が、オフライン経験が1年だからといって新人王で
デカイ顔しているのはどうなんだろうなぁと。
中高生や大学生が頑張っているのに、その枠を一つ潰してる
だけじゃないかと。

だからもし次の「新人王・早押王」が開催されるのであれば、
私は「早押王」に出場した方がいいのかな、と考えています。
おそらく「早押王」のメンバーには、とても私では太刀打ち
出来ないでしょう。しかしそれはそれでいいと思っています。
クイズの世界は実力の世界であり、自分が強くなるしか
勝つ方法は無い訳です。

私だって大会で活躍したい、勝ちたいという気持ちは当然あります。
でも勝ちやすいからこっちにしておこう、なんて気持ちで年長者が
「新人王」に出ていたんでは、クイズの世界もじょじょに
先細りになってしまうのではないかと感じました。
そうなれば結局は自分に跳ね返って来ることになりますから。

まあこんなデカイことを言っておきながら、来年になったらちゃっかり
「新人王」の席についているかもしれませんが(笑)


※この日記は私の単なる個人的見解であり、他の人にこの考えを
押し付けるような気持ちは一切ないことをお断りしておきます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2010/05/29 20:06】 | クイズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。